FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    うたの☆プリンスさまっ♪ All Star 【嶺二ルート】

    楽しみにとっておいた嶺ちゃんルートが終わりました。
    最後までとっておいて良かったです。
    期待していたとおり、むしろそれ以上楽しめました。

    恋愛値93%で恋愛ENDいけました。
    結局カミュ先輩だけだったな、先輩組4人で初見恋愛いけなかったの。
    カミュ先輩に至っては初見後輩どころか友情で終ったし。


    以下嶺二ルート恋愛ENDバレあります。あと藍ルートのバレも少々。
    あんまり関係ないかもですが、嶺二ルート、藍ルートの後にプレイするほうがいいと思います。
    1箇所、藍シナリオ終わらせてないとわからないシーンがある。
    そこまで影響あることではないのだけど。



    開始してすぐ、嶺二、かなーーーりめんどくさい人だなwって知りました。
    駄目でずるくて弱い大人を拗らせてる。
    いつも見せている、皆の盛り上げ役でワイワイ騒ぐのが好きで人懐っこい姿が、実は自分を守るための手段の一つだったことに、最初は驚いた。
    時々見せる勘の鋭さとか、周りをよく見てさり気なく気をつかえてる所はDebutやTwitterみてればわかるので、意外とキレ者なのかもな、ってイメージはあったのだけど。

    Debut音也ルートみたいに、普段明るいのが取り柄のキャラが秘めた暗黒面を見せてくるので、そういうのが苦手な人には受けないシナリオなんだろうなーって思いました。
    私は、超好みでした!!!!

    ただそうやってめんどくさいの拗らせてる分、選択肢は選びづらかったです。
    褒めても、ぼくはそんなにすごい人間じゃないよっていじけるかもしれないし、かと言ってあんまりいい反応しなかったらそれはそれで拗ねそうっていう。
    どっち選べばいいんだよ!!みたいな。
    正直1回めで恋愛END行けたのは奇跡だった。
    後半は嶺二も好意全く隠さなくなるので、割りとストレートに返してもいいんだけど、序盤がね!距離感がつかめなくてどこまで入り込んで良いのかまるで分からなかった。

    途中何度も見せてくる、後輩ちゃんはまだ若くてまっすぐで何も知らない、僕みたいな汚い大人が一緒にいちゃ駄目なんだって態度(分からせるために、一緒にご飯行って押し倒すフリしてきたりする^^;)が、確かに自分が後輩ちゃんと同じぐらいの年頃だったらズキューン☆と来たと思うんだけど、なにぶん自分がもういい年こいた大人なもんだから、こうかはばつぐんだ!までは行かなくて。悔しいw
    自分目線だと、嶺二も若造なんだよ……。あ、あんまり考えると悲しくなるからやめよう。
    これをリアルハルちゃん年齢(17歳)でやってたら、大人の魅力にクラクラしてたかもな。
    ベタだけど車で送り迎えとか萌えるじゃないの。
    17歳の時うたプリプレイしたかった!!!!!!!!クヤビク


    さて嶺二ルート、嶺二以外に出てくるのは直接の後輩である音也&トキヤとマスターコースで先輩だった龍也、そして嶺二にとっては重要な立ち位置の藍。
    更にこのルート限定で出てくる、嶺二と早乙女学園時代に同級生だった作曲家コース出身の音波圭と片桐響。
    ちゃんと立ち絵付きでびっくりした。ふたりとも目が死んでて怖いけどw

    嶺二は、今まで組んできた他の3人の先輩方とは違って、最初からとても優しいし、曲作りに協力的で、「ああ、これが先輩ってやつだよ!」と感動した、のですが、それも長くは続かず。
    曲作りしてしばらくすると、「本当に勝ちたかったなら、僕とは組まなかった方がいいかもね」等と言ってくる。
    この辺から、あれ何やらおかしいぞ、って嶺二のダークサイドに気づくんですよね。


    ていうか音波と片桐がクズ過ぎていらっとした。
    早乙女時代、嶺二とよくつるんでいたのが、音波・片桐と如月愛音で、藍ルートやってればすぐピンと来るんですが、愛音が失踪し残された音波と片桐が、愛音失踪は嶺二の所為と思い込み、当の嶺二はアイドルとしてそこそこ成功しているのが気に食わない→嫌がらせしてやろう、みたいな流れで。
    自分からシャイニング事務所やめてっただけなのに、事務所に残ってる嶺二がムカつく!
    自分達は今でもこんなに愛音のことを気にして生きているのに、脳天気にアイドル続けてる嶺二がムカつく!
    ってとにかく被害者面うざい。

    挙句、作曲を辞めてプロデューサーに転身していた片桐が、愛音に瓜二つな藍に目をつけて、藍には音波が作った歌を、嶺二にはまだデビューすらしてないハルちゃんの歌を歌わせて、歌合戦させる企画を立ち上げてしまう。
    嶺二は、自分たちの問題に後輩ちゃんを巻き込んだことで激おこですよ。
    ただのTV番組企画とはいえ、歌合戦の結果も歌謡祭での採点に加算って話になってしまったし。
    で、最初は、新しい曲を作ってる余裕がない!ってことでQUARTET★NIGHTをソロ用にして歌うことにしてたんだけど、直前で、たとえ完成度は低くても寿先輩の為に作った曲を歌ってもらいたい、と1曲作って歌ってもらうことに。
    一方音波は、早乙女学園の卒業ライブで愛音の為に作っていた曲をそのまま藍に歌わせる。
    視聴者投票の結果、なんと同点→「投票権は歌合戦聴いてた全員にあるんだよね?」と藍が言い出して、藍が嶺二にぽちっと投票して嶺二が勝利。
    ここのアイアイ男前っすなあ。
    藍いわく、自分の為に作られて居ない曲はどこか気持ち悪かった、その点ハルちゃんの曲はレイジの為に作られていた、と。
    藍にそう言われて、音波はちょっと目がさめた感じ。片桐は相変わらずだったけど。


    クリスマスライブ成功後は、嶺二の車で愛音が消息を絶った海辺に行き、シャンパン(ノンアルコール)で乾杯。
    で、その時嶺二がハルちゃんにあげるクリスマスプレゼントが、鍵のネックレス。
    「僕の心の鍵をいつか開けて欲しい」みたいな!また拗らせ大人きたよw

    そろそろ歌謡祭のソロ曲に本腰入れるかー、な年明け。
    嶺二が風邪で寝込んだ所を、ハルちゃんが訪問看病して、帰りに写真撮られるというお約束のコンボキター!
    その写真が雑誌に載せられてしまい、仕事謹慎する羽目になり、嶺二からパートナーを解散して欲しいと言われる。
    元々、自分と組まないほうがいいと言っていたのは、愛音の一件もあって、他人の人生を左右するような責任をもう背負いたくないからだ、とか、だから皆とも程々に仲良くするけど、一定以上は線を引いて入り込まないようにしてた、とか、大事な人を作りたくなかった、とか言いながらハルちゃんに抱きついて静かに泣く嶺二切ない;:
    愛音が居なくなってからは、音波や片桐に言われた通り、自分のせいだと思って、アイドルの仕事も心から楽しめなかった、ってそんな生活を10年近く続けてきたとかつらすぎる。
    そらめんどくさい大人にもなるわ!
    ハルちゃんにパートナー解散を申し出たあと、嶺二も失踪。なんという負の連鎖。

    あんまり言いたくないけど愛音が全ての元凶なんだよなー。
    繊細過ぎて逃げ出して、こんだけ周りに傷跡残してしまうのは大問題じゃないか。
    あと、こいつらには博士から本当のこと教えてあげてよとも思う。
    先に藍ルートやってたから、愛音が本当は無事だってのは知ってるし。
    逆にこれ、藍ルートやらずにこっち先にやってたら、愛音の安否わからないから結構モヤモヤしたかも。

    失踪した嶺二の居場所を片桐から「多分実家にいる」と住所教えてもらって尋ねると、普通に寿弁当に居たーw
    からの、戻ってきてください説得。
    嶺二の部屋にあったおもちゃのピアノ弾きながら歌ってたら楽しくなってきて(恐ろしくざっくりした説明)、今凄く歌うの楽しい、自分は小さい頃からアイドルにあこがれて来て、きっとそれしか出来ない!って気づいて歌謡祭に出て優勝、めでたしめでたし。


    恋愛ENDは、再び愛音が消息を絶った海辺に行って、そこでお祝い&愛音に可愛い彼女が出来ました報告しようとするんだけど突然雨が降ってきて、ホテルに移動、略。
    てか嶺二、ホテルは予め部屋とってたよね。策士すぐる。
    でもカミュも蘭丸もあんなだったからホテルとってるだけマシかもしれないと思うよ。
    この時の嶺二攻めっ攻めだったなあ。
    僕の心の扉を開いた責任とりなよとか僕をこんなにしてもう許さないとか、軽くヤンデレ風味入ってるのもたまらん。
    そのくせ、看病に来てもらった時なんかは、あ~、おかゆ熱いからふーふーしてあーんしてくれないと食べられなーいwチラッチラッして甘えてきたり、マジなんなのこの人可愛いってなる。
    幼いころ両親が離婚して、母と姉と3人、一家で唯一の男手として母や姉に鍛えられながら店の手伝いしてきただけあって、結構あまえんぼだよねw
    チーム毎に家庭環境似てるのはわざとなのかね。ROTはトキヤのとこも離婚して母と一緒だし、音也の場合も両親健在だけど一緒にいないし。
    御曹司のとこはまぁ様のとこは違うけど蘭丸とレン様は父親と死別してる(まぁ様のとこもDebutで危なかったよね……)。
    クラ組はどっちも両親仲良さそうだし。
    パレス組は全然違うね。


    声が大好きなこともあって、嶺二は元々先輩組では一番好きなキャラだったんですが(最後までとっておくぐらいだし)、AS終わってダークサイドも見たことにより更に好きになりました。
    AS続編で愛音と再会、できなくてもせめて無事を知ることができますように。

    これでメインルートとなる先輩組全部終わったわけですが。
    続編のキャッチコピー?が「KISSのつづきをしようか。」なのに騙されてたよ!
    お前らアイアイ以外全員KISSの続きも既にしてるじゃねーか!
    いや、いいんですけどね。アイアイ以外全員大人だしな。


    次は、残っている先生ルート、林檎ちゃんを最後にしたいので、リューヤさん行きます。
    リューヤさん、恋人ってより時々お父さんだよな……と。
    元々教師と生徒の関係だったし11歳離れてたらそうなるかなw
    スポンサーサイト

    テーマ : うたの☆プリンスさまっ♪
    ジャンル : ゲーム

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    にゃそ

    Author:にゃそ
    アニメ・ゲーム・漫画・声優の重度なヲタ。NLもBLもウェルカム。
    ゲーム:FF11(休止中)、DQ、FF、P3&4、モンハン、KH、逆転、FE、オウガバトルサーガ、NieR、シュタゲ
    アニメ:TIGER&BUNNY、うたプリ、Free!、デュラララ!!
    漫画:久米田康治、羅川真里茂、吉住渉、榎本ナリコ
    声優:神谷浩史、小野大輔、中村悠一、櫻井孝宏、杉田智和、宮野真守

    リンクはご自由に!相互もお気軽に!

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    Twitter
    リンク
    検索フォーム
    カウンター
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。